笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

466. 大喜利 お題 「図書館での会話」

本来、図書館ではあまり話をしてはいけないんですが、みなさんは会話をする状況になりました。となりの人や係りの人に話しかけてください。そして、話しかけられた相手の人になって笑点風に返してください。一人二役でお願いします。

 

 

 

1.古遊三師匠「あなた先ほどから書架に行ったり来たりしてますが、なにしてるんですか」

       「いやなに、チョット練習をね」

   翔太師匠  「なんの練習ですか!1枚持ってって」

 

 

 

2.貴久翁師匠「あのー、この漢字なんて読むんでしょうか」

             「あなたね、漢和辞典を横に置いたらどうです。漢字だらけじゃムリか」

 

 

 

3.産平師匠「あのー、この漢字なんて読むんでしょうか」

      「児童書コーナー1階だから」

 

  

 

4.泰平師匠「最近どうもメガネの度が合わなくなりまして」

      「あなたね、裸眼で読めるんだったら、なくていいんじゃないですか」

 

 

 

5.行楽師匠「わたしも毎日来てますが、あなたもよく来られてますね」

      「ええ、わたしは落語ライブラリーを視聴しに来てるんですよ。特に、行楽師匠のものをよく視聴してます」

       翔太師匠「そんなにありましたっけ!1枚取って」

 

 

 

6.縁楽師匠「その本、わたしが書いたんですよ」

      「いけませんよ、書き込みが多いですが、あなたでしたか」

       翔太師匠「1枚差し上げて」

 

 

 

7.貴久翁師匠「落語関連の本がもっと充実するといいんですが」

       「ご家族にお伝えください。ご遺贈歓迎ですので・・・あのねー」

       翔太師匠 「1枚差し上げて」

 

 

 

8.泰平師匠「わたしの著書やCDなどもライブラリーに加えていただけると嬉しいんですが」

      「あ、どうぞ置いてってください。ご寄贈ありがとうございます」

       翔太師匠「押し売りに失敗したわけですね」

       縁楽師匠「押しつけじゃないのか」

 

 

 

9.産平師匠「お借りした本、喫茶店でコーヒー倒してダメにしてしまいました。弁償します」

      「本の値段からコーヒー代は引けないんですよ」

 

 

 

10.古遊三師匠「すごい蔵書数と聞いて来たんですが、そうでもないですね」

          「そりゃあなた、袋とじは置いてないですよ」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

*右のサイドバーには、最近掲載したお題がリストアップされています。また、その上のカレンダーにアンダーラインが入っている日付でも記事が検索できます

*定番の大喜利問答のほか、なぞかけや川柳、狂歌なども時折掲載しています。サイドバーの検索窓にたとえば、「なぞかけ」と入力すると該当するお題が出てきます。よろしかったら、ご覧ください

 

465. 【再掲】 大喜利 お題 「酔えないお酒」

お酒を呑んでも、今日は酔えないなぁとか、今日は酔っちゃマズいなぁとか、そんなこともあると思います。そこで、そんな酔えない状況を言ってください。わたしが、「どうしてですか?」と訊きますので、その訳を教えてください。

 

 

 

1.泰平師匠「古遊三師匠とのお酒はなかなか酔えないんです」
  翔太師匠「どうしてですか?」
  泰平師匠「割り勘なのか、おごってくれるのか、それとも逃げ出すのかがわからないので」
  翔太師匠「困ったもんですね。古遊三師匠から1枚取って、泰平師匠に差し上げて」

  

 

 

2.古遊三師匠「しょっちゅうスマホをいじる人とのお酒は酔えない」
  翔太師匠    「どうしてですか?」
  古遊三師匠「翔太師匠みたいに一人で飲めよって言いたくなる」
       翔太師匠    「1枚持ってって!」

 

 

 

3.縁楽師匠「姑の愚痴を言うカミさんを前にして呑むお酒は酔えないね」
  翔太師匠「どうしてですか?」
  縁楽師匠「産平師匠がそう言っていた」
  産平師匠「言ってない言ってない」
  翔太師匠「産平師匠の座布団1枚取って」

 

 

 

4.行楽師匠「高級料理店で一人呑むお酒は悩みます」
  翔太師匠「どうしてですか?」
  行楽師匠「ご馳走してくれるはずの人が遅れてて来ない」


   

 

5.貴久翁師匠「あなたと吞んでもぜんぜん酔わない」
  翔太師匠    「・・どうしてですか?」
  貴久翁師匠「知らない人と吞むと緊張する」
  翔太師匠 「それ、お酒のせいじゃないでしょ!」

 

 

 

6.産平師匠「カミさんの出産予定日に呑むお酒」
  翔太師匠「どうしてですか?って、そうですよね」
  産平師匠「心配して呑んでたら、呑み過ぎて結局酔っぱらった」
  翔太師匠「やっぱりね。最近、奥さんテレビに出てるし」

 

 

 

7.縁楽師匠「故人を忍んで、何回も献杯するお清めの席のお酒」
  翔太師匠「どうしてですか?って、そうですよね」
  縁楽師匠「時間の問題かと」
  翔太師匠「まだですから」

 

 

 

8.泰平師匠「行楽師匠とのお酒」
  翔太師匠「どうしてですか?」
  泰平師匠「気を付けないと、サインをして拇印まで押してしまう」
  翔太師匠「保証人欄ですね。行楽師匠から1枚取って」

 

 

 

9.古遊三師匠「笑点収録日の前日のお酒」
  翔太師匠    「どうしてですか?」
  古遊三師匠「二日酔いだと楽屋の物色に手間取る」
  翔太師匠    「1枚取って」

 

 

 

10.産平師匠「車の運転があるときのお酒」
  翔太師匠「どうしてどころじゃないでしょ!」
  産平師匠「酔えないでしょ」
  翔太師匠「呑んじゃダメ!」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

*右のサイドバーには、最近掲載したお題がリストアップされています。また、その上のカレンダーにアンダーラインが入っている日付でも記事が検索できます

*定番の大喜利問答のほか、なぞかけや川柳、狂歌なども時折掲載しています。サイドバーの検索窓にたとえば、「なぞかけ」と入力すると該当するお題が出てきます。よろしかったら、ご覧ください

 

464. 大喜利 お題 「お婆ちゃん達の女子会~節約自慢編~」

奔放なお婆ちゃん達の賑やかな会話。今回は、節約自慢編です。どんな節約をしているか仲間に話してください。聞いた相手は、笑点風に返していただきたい。落語のように一人二役でお願いします。

 

 

 

1.縁楽師匠「箱や包装紙などは、未だに捨てられないのよ」

      「棺桶に入れてもらったら」

 

  

 

2.行楽師匠「食器洗いのとき、水を流しっぱなしにしないようにしたの」

      「ウチの水道代は安いわよ。なんせ、ほとんどコンビニ弁当だから」

 

 

 

3.泰平師匠「1回で使うティッシュは2枚までって決めてるの」

      「ウチなんか1枚よ。2枚目は古新聞なの」

 

 

 

4.貴久翁師匠「ウチは、外食は1年に1回にしてるの」

          「あーら、ウチなんかしょっちゅうしてるわよ。知らない人のお通夜のお清めの席とか、ホテルのパーティーにまぎれ込んで贅沢三昧よ」

  

 

 

5.古遊三師匠「わたしは亭主に、なるべく外でご馳走してもらってきなさいって言ってるの」

          「ウチも同じだけど、ちょっと違うの。留置場や刑務所で食べてくるから、なかなか帰ってこないの」

 

 

 

6.産平師匠「スマホ代がかかるので、固定電話はヤメにしたわ」

      「わたしは、ウチの旦那のスマホをヤメたわ」

  翔太師匠「旦那さんがかわいそうだから、2枚あげて」

 

 

 

7.縁楽師匠「わたし寒がりだから、家の暖房器具を全部エコ仕様に変えたの」  

      「わたしもそうしようと思ったんだけど、懐が寒くなるので我慢したの」

       翔太師匠「イニシャルコストとランニングコストの問題ですね。1枚差し上げて」

 

 

 

8.貴久翁師匠「あまり脳を酷使しないようにしてるの」

             「あーら、柳のようになんでも受け流して、覚えなくてもいい官僚のほうがエコだわよ」

       翔太師匠 「奇跡の答えに1枚差し上げて」

 

 

 

9.泰平師匠「主人の晩酌のビールを減らしたの。健康にもいいし」

      「その分、あなたのタバコの本数増えてない?!」

 

 

 

10.産平師匠「スーパーのチラシをよく比べて、安いほうで買うようにしてるの」

       「ハシゴして、結局あなた買い過ぎでしょ」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

*右のサイドバーには、最近掲載したお題がリストアップされています。また、その上のカレンダーにアンダーラインが入っている日付でも記事が検索できます

*定番の大喜利問答のほか、なぞかけや川柳、狂歌なども時折掲載しています。サイドバーの検索窓にたとえば、「なぞかけ」と入力すると該当するお題が出てきます。よろしかったら、ご覧ください

 

463. 大喜利 お題 「吉と凶の違い」

世の中にはちょっとした違いが運、不運を分けるときがありますよね。そこで、ちょっとした違いを、吉と凶で笑点風に説明してください。どんなときが吉で、どんなときが凶か。

 

 

 

1.縁楽師匠「何事も起こらなければ吉。些細な事でも起これば凶。ちょっとした違いだけど、運の分かれ目」

       翔太師匠「普通が吉ということでしょうか。1枚差し上げて」

 

 

 

2.行楽師匠「馬券が当たったので吉。と思ったら、間違って買っていて凶」

 

 

 

3.泰平師匠「家に帰ったとき、明かりがついていたら吉。真っ暗でドアチェーンまでかかっていたら凶」

 

 

 

4.貴久翁師匠「茶柱が立っていたら吉。茶柱が逆立ちしていたら凶」

       翔太師匠 「どうやって見分けるんですか?」

  貴久翁師匠「茶柱の茶が下だったら逆立ち」

 

 

 

5.古遊三師匠「自動販売機に釣銭の取り忘れがあったときは吉。それが自分のだと気が付いたときは凶」

       翔太師匠 「そうなったときは大凶じゃないですか」

 

 

 

6.産平師匠「飛行機の予約がうまく取れたら吉。1日間違っていたら凶」

 

 

 

7.貴久翁師匠「おみくじをひいて、大吉だったら吉。中吉だったら、凶。ちょっとした違い」

       翔太師匠 「吉は吉ですから。1枚持ってって」

 

 

 

8.行楽師匠「宝くじを5枚買って、末等が当たったら吉。末等も当たらなかったら、凶」

 

 

 

9.産平師匠「翔太師匠が結婚できたら吉。できていない今は凶」

       翔太師匠「ちょっとした違いだけど、今が凶っていうのはないでしょう!1枚取って!」

 

 

 

10.泰平師匠「子ども時代、アイスクリームを食べ終わって当たりが出たら吉。出なかったら凶。」

  翔太師匠「駄菓子屋さんが、ちょっとした運、不運の違いを感じた原点かもしれないですね。大喜利、お開きです」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

*右のサイドバーには、最近掲載したお題がリストアップされています。また、その上のカレンダーにアンダーラインが入っている日付でも記事が検索できます

*定番の大喜利問答のほか、なぞかけや川柳、狂歌なども時折掲載しています。サイドバーの検索窓にたとえば、「なぞかけ」と入力すると該当するお題が出てきます。よろしかったら、ご覧ください

462. 大喜利 お題 「こんな趣味はじめました」

サラリーマンの人が定年になると、それまでの仕事人間がどうしていいかわからないなんてことがあるようです。みなさんは定年になった人。趣味をもつことになりました。こんな趣味をはじめましたと言ってください。わたしが、「どうですか?」と訊きますので、状況を教えてください。

 

 

 

1.行楽師匠「社交ダンスをはじめました」

  翔太師匠「どうですか?」

       行楽師匠「斜行ダンスって言われてます」

 

 

 

2.泰平師匠「旅をしながら俳句をやってます」

  翔太師匠「どうですか?」

       泰平師匠「ヒッチハイクなんですがね」

  翔太師匠「1枚差し上げて」

 

 

 

3.縁楽師匠「将棋教室に通いはじめました」

  翔太師匠「どうですか?」

  縁楽師匠「まだ将棋くずしの段階です」

       翔太師匠「そんなバカな」

 

 

 

4.貴久翁師匠「ウォーキングをはじめました」

  翔太師匠    「どうですか?」

       貴久翁師匠「フツーに歩いてる人に抜かれてます」

 

 

 

5.古遊三師匠「吹き矢のサークルに入りました」

  翔太師匠    「どうですか?」

       古遊三師匠「おしりを拭く会長のようにはいかないんだよなぁ」

 

 

 

6.産平師匠「家庭菜園でトマトやナスをつくりはじめました」

  翔太師匠「どうですか?」

       産平師匠「実がなるか、身になるか、まだわかりません」

 

 

 

7.行楽師匠「家にある古いピアノを独学で弾きはじめました」

  翔太師匠「どうですか?」

       行楽師匠「パソコンと同じで、指1本でやってます」

 

 

 

8.貴久翁師匠「写経をはじめました」

  翔太師匠 「どうですか?」

       貴久翁師匠「漢字の意味がわからないの」

       翔太師匠 「それじゃ意味ないでしょ。1枚取って」

 

 

 

9.産平師匠「落語教室に行きはじめました」

  翔太師匠「どうですか?」

       産平師匠「プロじゃないから噛んでもいいと言われてます」

       翔太師匠「そう、プロは噛んじゃダメなんです。1枚取って」

       産平師匠「えーっ!」

 

 

 

10.泰平師匠「掃除、洗濯、料理など、家事をはじめました」

  翔太師匠 「どうですか?」

  泰平師匠「家事だけに、燃えてます」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

*右のサイドバーには、最近掲載したお題がリストアップされています。また、その上のカレンダーにアンダーラインが入っている日付でも記事が検索できます

*定番の大喜利問答のほか、なぞかけや川柳、狂歌なども時折掲載しています。サイドバーの検索窓にたとえば、「なぞかけ」と入力すると該当するお題が出てきます。よろしかったら、ご覧ください