笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

262. 大喜利 お題 「人違い」

人違いをされたり、逆に人違いをしたりしたことがみなさんあると思います。勘ちがいや思い違いなど、笑点風に人違いを語ってください。

 

 

1.古遊三師匠「ダンナ、そんなむごい人殺しなんかする人間じゃございません。しょうがない。昨日の盗みはわたしがやりました」

 

 

2.行楽師匠「わたしは縁楽じゃなくて行楽です。えっ、どうりで品があると思ったって?」

 

 

3.泰平師匠「その犬の飼い主はわたしです。犬がなついてないって?よく人違いされるんですよ」

 

 

4.縁楽師匠「いや、噺家の訃報だっていうから、てっきりそうだと思っちゃってね」

 

 

5.貴久翁師匠「クラス会で、70年ぶりに鈴木くんと話が盛り上がってね。でも、話は合ったんだけど、違う人だったみたい」

 

 

6.産平師匠「暗い道で縁楽師匠にお会いしたので、声をかけたんです。そうしたら、横手の暗闇のほうから返事が返ってきました」

 

 

7.古遊三師匠「いつも言ってるように、わたしは福山ではありません。あちらがわたしに似ているので、間違うのもむりありませんが」

 

 

8.行楽師匠「先生、手術を受けるのはわたしじゃありません。となりの人です。えっ、データをとり違えてた?」

 

 

9.泰平師匠「間違って、社内の違うアドレスに告白メールを送っちゃったんです。それ以来、ぼくを見る部長の目が潤んでるんです」

 

 

10.貴久翁師匠「喫茶店で、砂糖って言ったらウェイトレスの佐藤さんが来た。塩だって言ったら、マスターの塩田さんが来た。しょうゆうこと」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

261. 大喜利 お題 「処分セール」

季節ものや在庫が多くなった場合や、型が古くなった商品など、タイミングでセールが行なわれます。そこで、みなさんはいろんなものを処分するひとになってください。わたしが、「なにを処分してるんですか?」と訊きますので、答えてください。

 

 

1.古遊三師匠「いやぁ、つくりすぎちゃいましてねぇ」

  翔太師匠 「なにを処分してるんですか?」

  古遊三師匠「彼女ですよ」

  翔太師匠 「夢に1枚差し上げて」

 

 

2.行楽師匠「しまっておくところがなくて、タダで持ってってください」

  翔太師匠「なにを処分してるんですか?」

  行楽師匠「借用書」

       翔太師匠「だれも持っていかないでしょ!」

 

 

3.泰平師匠「古くなったものをお客さんに安く買っていただきましょう」

  翔太師匠「なにを処分してるんですか?」

       泰平師匠「笑点の座布団」

       翔太師匠「新調する予算がないんだから、勝手に売らないの!」

 

 

4.貴久翁師匠「さぁ、在庫一掃の大放出セールですよ」

  翔太師匠    「なにを処分してるんですか?」

       貴久翁師匠「返品ラーメン」

  翔太師匠   「ピッタリのお題でしたね」

 

 

5.縁楽師匠「賞味期限切れがたくさん並んでますよ」

  翔太師匠「なにを処分してるんですか?」

       縁楽師匠「自分の意見を言わない与党議員」

       翔太師匠「1枚差し上げて」

 

 

6.産平師匠「不用品大セールですよー」

  翔太師匠「なにを処分してるんですか?」

  産平師匠「親の七光り」

     翔太師匠「2枚差し上げて」

 

 

7.縁楽師匠「売れ残りですが、今なら間に合います。安くしますよー」

  翔太師匠「なにを処分してるんですか?」

  縁楽師匠「行楽独演会の売れ残りチケット」

       翔太師匠「縁楽師匠から1枚取って行楽師匠に差し上げて」

 

 

8.行楽師匠「貴重な情報ですよー」

  翔太師匠「なにを処分してるんですか?」

       行楽師匠「週刊誌が喜ぶ縁楽師匠のネタ」

       縁楽師匠「もうないよ」

       翔太師匠「さっきの座布団、縁楽師匠に戻して」

 

 

9.古遊三師匠「家庭用品の大処分。ガレージセールですよー」

  翔太師匠    「なにを処分してるんですか?」

  古遊三師匠「冷蔵庫、洗濯機、なんでもありますよー。地方巡業中の翔太師匠愛用品の数々」

       翔太師匠  「ひとの家のものを勝手に売らないで!」

 

 

10.泰平師匠「ずいぶん時代ものですが、よければ持ってってー!お代はいりませんよー」

  翔太師匠「なにを処分してるんですか?」

       泰平師匠「山多さん、ちょっとこっち来て」

  翔太師匠「山多さんの処分が無事済んだところで、笑点この辺でお開きです!」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

260. 大喜利 お題 「ことわざ新解釈」

ことわざの文言を変えずに、笑点風に新しい解釈をしていただきたい。まず、有名なことわざを言ってください。わたしが、「どういう意味ですか?」と訊きますので、独自の解釈を語ってください。

 

 

1.泰平師匠「一難去ってまた一難」

  翔太師匠「どういう意味ですか?」

  泰平師匠「ゲイの恋。難は男なの」

  翔太師匠「わたしのほうを見て言わない!2枚取って!」

 

 

2.縁楽師匠「宝の持ち腐れ」

  翔太師匠「どういう意味ですか?」

  縁楽師匠「お金も、男の魅力もあるのにモテないこと」

    翔太師匠「答えは、わたしを離れてください。1枚取って!」

 

 

3.古遊三師匠「棚から牡丹餅」

  翔太師匠   「どういう意味ですか?」

  古遊三師匠「消去法によりあるものを獲得すること」

  翔太師匠 「紫、橙、水色の3人から1枚ずつ取って!」

 

 

4.行楽師匠「残りものには福がある」

  翔太師匠「どういう意味ですか?」

       行楽師匠「圓生の名跡」

  縁楽師匠「名を取るより実を取れということわざもあるよ」

 

 

5.貴久翁師匠「親の光は七光り」

  翔太師匠   「どういう意味ですか?」

  貴久翁師匠「光は自分で発するもの」

 

 

6.産平師匠「良薬は口に苦し」

  翔太師匠「どういう意味ですか?」

  産平師匠「はげましのお言葉」

    翔太師匠「はげましで、貴久翁師匠に1枚差し上げて」

 

 

7.縁楽師匠「虎は死して皮を残す」

  翔太師匠「どういう意味ですか?」

  縁楽師匠「皮と筋しかないだろ」

 

 

8.行楽師匠「背水の陣」

  翔太師匠「どういう意味ですか?」

  行楽師匠「老人の寝る前のトイレ」 

       翔太師匠「排水の陣なんですね」

 

 

9.泰平師匠「長いものには巻かれろ」

  翔太師匠「どういう意味ですか?」

       泰平師匠「蛇に睨まれた官僚」

 

 

10.古遊三師匠「桃栗三年柿八年」

  翔太師匠    「どういう意味ですか?」

  古遊三師匠「おれのガキの頃は、ガキ大将からそう言って取り方を教わったものよ」

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

259. 【再掲】 大喜利 お題 「二度と行きたくない居酒屋」

居酒屋は料理の種類も多く、安くておいしいと、外国人のお客さんも増えているようです。でも、中には二度と行きたくないと思う居酒屋もあるかもしれません。そこで、二度と行きたくない居酒屋とはどんな居酒屋かを言ってください  (このお題は、過去の放送からお借りしています)




1.産平師匠  「お通しの値段がすごく気にかかるグルナイみたいな居酒屋」

 

 

2.行楽師匠  「残り物を、形を崩さないようにそ~っと下げていく居酒屋」

 

 

3.縁楽師匠   「店員が見えているのに、タッチパネルを操作させる居酒屋」

 

 

4.古遊三師匠「隣の席が近くて、隣から手が伸びてくる居酒屋」
  翔太師匠    「手を伸ばすほうじゃないですか」

 

 

5.泰平師匠    「サーバーの量が少なくなると、生ビールがブレンドに
なる居酒屋」

 

 

6.産平師匠    「産地の表示が、どこどこ「方面」と書いてある居酒屋」

 

 

7.貴久翁師匠「創作に凝り過ぎて、なに食べてるのかわからない居酒屋」

 

 

8.縁楽師匠 「飲み放題にすると、持ってくるまで時間がかかる居酒屋」

 

 

9.泰平師匠    「オヤジが話好きで、連れと話がまったくできない居酒屋」
  翔太師匠    「たまにはそういうオヤジさんもいいですけどね」
  縁楽師匠    「お一人様だからね」
  翔太師匠    「ひとのこと言えないでしょっ」

 

 

10.古遊三師匠「注文ごとに代金を払うシステムの、警戒厳重な居酒屋」

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

*大喜利問答が定番のブログですが、時折川柳や狂歌、なぞかけもつくっています。サイドバーにある検索マドに、、川柳、狂歌、なぞかけなど、キーワードを入力すると、該当する問答が表示されます

 

258. 大喜利 お題 「幽霊の遺言」

最近は遺言状を書く人が増えているそうです。でも、書かない人も多いですし、急死したような場合には書かれていないことが多いと思います。そこで、みなさんは遺言状を残さなかった幽霊になって、遺言を言うために化けて出てきてください。わたしが、「今さらそんなこと言われても」と返しますので、さらに続けてください。

 

 

 

1.貴久翁師匠「相続争いがおこらないように、財産はあるところに隠してある」

  翔太師匠 「今さらそんなこと言われても」

       貴久翁師匠「どこに隠したか忘れた」

 

 

2.行楽師匠「言うのが遅くなったが、借金が山ほどある」

  翔太師匠「今さらそんなこと言われても」

  行楽師匠「保証人は縁楽師匠の名前にしてあるから大丈夫だ。なあに、覚えちゃいないよ」

 

 

3.縁楽師匠「五代目圓楽です。楽太郎に圓楽はふさわしくなかった」

  翔太師匠「・・・今さらそんなこと言われても」

  縁楽師匠「圓生になれる器だった」

       翔太師匠「わたしは、腹話術の人形じゃないんですから」

 

 

4.古遊三師匠「柳昇ですがね、翔太師匠の結婚を世話できなかったのが心残りですよ」

  翔太師匠 「今さらそんなこと言われても」

  古遊三師匠「天国で、いい嫁さん探しとくから」

       翔太師匠 「おじいさんになっちゃいますよ」

       泰平師匠 「相手もおばあさんだから」

 

 

5.産平師匠「この家の相続でモメてるようだから、これから遺言状を書く」

  翔太師匠「今さらそんなこと言われても」

  産平師匠「一つ、わしはこれからもここに住み続けるので、財産価値はない」

 

 

6.泰平師匠「言わずにすまなかったが、わしには別に子どもがいる」

  翔太師匠「今さらそんなこと言われても」

  泰平師匠「それから、先立った母さんに聞いたが、おまえはわしの子ではないそうだ」

 

 

7. 縁楽師匠「後任の司会者はほんとうに翔太師匠でよかったんだろうか」

        翔太師匠「今さらそんなこと言われても・・・誰ですか」

        縁楽師匠「背後霊として応援するからがんばるように」

        翔太師匠「まだですから」

 

 

8.貴久翁師匠「わたしが書いたとされている遺言状は偽物じゃ」

  翔太師匠 「今さらそんなこと言われても」

  貴久翁師匠「わたしがあんな難しい漢字ばかり書けると思ってるの」

 

 

9.泰平師匠「遺言状を訂正したい」

  翔太師匠「今さらそんなこと言われても」

       泰平師匠「どうも句読点が気に入らない」

  翔太師匠「神経質なひとなんですね」

 

 

10.古遊三師匠「火葬はしないでおくれ」

  翔太師匠    「今さらそんなこと言われても」

  古遊三師匠 「おれが肉の焼き加減にうるさいの知ってるだろ」

       翔太師匠    「シュールな答えが出たところで、大喜利この辺で!」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます

*大喜利問答が定番のブログですが、時折川柳や狂歌、なぞかけもつくっています。サイドバーにある検索マドに、、川柳、狂歌、なぞかけなど、キーワードを入力すると、該当する問答が表示されます