読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

158. 大喜利 お題 「時計、遅れてますよ」

よその家などの時計が合っていないと気になることがありますよね。そこで、わたしが、「時計、5分遅れてますよ」と言いますので、時計の持ち主であるみなさんは何か返してください。


1.翔太師匠 「時計、5分遅れてますよ」
        貴久翁師匠「電池が最後の力で頑張ってるんだから、応援してあげたらどうかね」

 

2.翔太師匠  「時計、5分遅れてますよ」
        産平師匠  「どう合わせても5分遅れるんです。文字盤左に回しときますから」


3.翔太師匠  「時計、5分遅れてますよ」
        行楽師匠  「やっと気がついてくれた人がいたよ。合わせといて」


4.翔太師匠 「時計、5分遅れてますよ」
        古遊三師匠「合わせてもね、みんな5分遅れてると思うだけだから」


5.翔太師匠  「時計、5分遅れてますよ」
        縁楽師匠  「ウチの経度を正確に測ると、それで合ってるんです」


6.翔太師匠   「時計、5分遅れてますよ」
        泰平師匠   「古い時計だから。時間の感覚がなくなっちゃったのかなぁ」


7.翔太師匠 「時計、5分遅れてますよ」
        貴久翁師匠「ゼンマイがナンマイダ」


8.翔太師匠   「時計、5分遅れてますよ」
        縁楽師匠   「そろそろ止まっちゃうのかな。裏に贈り主の名前が書いてあるだろ」


9.翔太師匠   「時計、5分遅れてますよ」
        泰平師匠   「ウチの子の遅刻の理由がなくなっちゃうでしょ」


10.翔太師匠  「時計、5分遅れてますよ」
         行楽師匠  「いいの。ウチは蕎麦屋だから」

 

157. 大喜利 お題 「オーバーブッキング」

海外で、飛行機の座席がオーバーブッキングして問題になりましたが、予約をとり過ぎたり、ミスによってキャパがオーバーしてしまうことは、乗り物に限らずめずらしくないようです。そこで、みなさんはオーバーブッキングの状況でひと言言ってください。わたしが、「どうしたんですか?」と訊きますので、続けてください。


1.縁楽師匠   「あれ、ガラガラなのにこの席だけダブってる」
        翔太師匠   「どうしたんですか?」
        縁楽師匠   「行楽独演会」


2.行楽師匠   「館長、ホールの予約をダブって受け付けちゃってますよ」
        翔太師匠   「どうしたんですか?」
        行楽師匠   「行楽独演会と圓生襲名披露」


3.貴久翁師匠 「ここ、わたしの席のはずだけど」
        翔太師匠  「どうしたんですか?」
  貴久翁師匠 「ま、いいか、乗らないで。三途の渡しだから」


4.産平師匠   「別に、ダブっててもいいですよね」
        翔太師匠   「どうしたんですか?」
        産平師匠   「どうせこのコンサート、最初から最後までスタンディングだし」


5.古遊三師匠 「キャンセルを見越して予約取り過ぎだよ」
        翔太師匠     「どうしたんですか?」
        古遊三師匠 「同じ会場で、二組が披露宴やってるよ」
  翔太師匠     「そんな歩留まりないでしょ」
  縁楽師匠  「重婚詐欺もあるかもしれないから」


6.泰平師匠   「降りなくていいって言われてもねぇ」
        翔太師匠   「どうしたんですか?」
        泰平師匠   「立ってろって言われても、飛行機には吊り革もないし」


7.産平師匠   「飛行機のオーバーブッキングでラッキーでした」
        翔太師匠   「どうしたんですか?」
        産平師匠   「席を譲って保証をもらったうえに、その飛行機、故障で飛ばなかったんです」


8.行楽師匠 「すいません、指定席券を拝見できますか」
        翔太師匠 「どうしたんですか?」
        行楽師匠 「地方の公演、あしただった」


9.縁楽師匠    「あれっ、ひとが座ってる」
        翔太師匠 「どうしたんですか?」
        縁楽師匠    「笑点の司会席」


10.古遊三師匠 「相部屋にされちゃったよ」
         翔太師匠     「どうしたんですか?」
         古遊三師匠 「新婚旅行客とダブルブッキングでさ」

 

156. 大喜利 お題 「間違いメール」

迷惑メールが来ることはありますが、間違いメールはあまりないですよね。でも、アドレス帳を間違ってクリックしたら、気がつかないで違う人にメールを送ってしまうかもしれません。そんなメールが皆さんのところに送られてきました。メールの内容にちょっと驚いたので、よせばいいのに皆さんは返信しました。それに対して、わたしが、「どんな内容だったんですか?」と訊きますので、さらに続けてください。


1.行楽師匠   「『ちょっと待て。すぐに行く』と返信しました」
        翔太師匠   「どんな内容だったんですか?」
  行楽師匠   「オレ抜きで、家族でうなぎを食べに行こうとしたらしい」


2.泰平師匠   「『いつ発表なんですか?』と返信しました」
        翔太師匠   「どんな内容だったんですか?」
        泰平師匠   「プロデューサーから、山多さんの卒業情報」


3.貴久翁師匠 「『葬儀の日取りが決まったら教えてください』と返信しました」
        翔太師匠  「どんな内容だったんですか?」
  貴久翁師匠 「オレが死んだというデマメール」


4.古遊三師匠 「『ウチは注文受けていません』と返信しました」
        翔太師匠  「どんな内容だったんですか?」
        古遊三師匠 「刑事の旦那から、出前のカツ丼の催促メール」


5.縁楽師匠    「『安らかにお眠りください』と返信しました」
        翔太師匠    「どんな内容だったんですか?」
        縁楽師匠    「おやすみメールだったので」


6.産平師匠    「『泰平師匠のところと間違ってませんか』と返信しました」
        翔太師匠 「どんな内容だったんですか?」
        産平師匠    「週刊誌から、離婚するのか?というメールでした」


7.泰平師匠    「『近いうちにそうなるでしょう』と返信しておきました」
        翔太師匠    「どんな内容だったんですか?」
        泰平師匠    「産平師匠のお母さんから、あなた早く実家に戻りなさい、と」


8.貴久翁師匠 「『汝には戻らない』と返信しました」
        翔太師匠  「どんな内容だったんですか?」
        貴久翁師匠 「何時に戻る?というメールだったので」


9.縁楽師匠    「『オレは、ゴルゴ13じゃない』と返信しました」
        翔太師匠 「どんな内容だったんですか?」
        縁楽師匠    「トランプやらないか、って」


10.行楽師匠 「『出演OK』と返信しました」
         翔太師匠   「どんな内容だったんですか?」
         行楽師匠   「縁楽師匠宛の、ギャラがよさそうな仕事だったので」

 

155. 【再掲】 大喜利 お題 「健康診断」

健康診断や人間ドックの結果にショックをうけることもあると思いますが、みなさんは結果をうけて、「ショックなことがありました」と言ってください。わたしが、「何があったの?」って訊きますので、何がショックだったのか教えてください    (このお題は、過去の放送からお借りしています)


1.古遊三師匠「ショックなことがありました」

  唄丸師匠 「何があったの?」

  古遊三師匠「看護師さんがみんなきれいだったんです」

  唄丸師匠 「じゃぁ、いいじゃないの」

  古遊三師匠「視力が落ちてたんです


2.翔太師匠  「ショックなことがありました」

  唄丸師匠  「何があったの?」

  翔太師匠  「血管年齢が70歳って言われたんですが、結婚年齢って聞こえたんです」


3.縁楽師匠  「ショックなことがありました」

  唄丸師匠  「何があったの?」

  縁楽師匠  「余命1年と言われたんですが、医者が唄丸師匠のカルテと取り違えてて。あぁ、よかった


4.行楽師匠  「ショックなことがありました」

  唄丸師匠  「何があったの?」

  行楽師匠  「あと30年は生きると言われたんですがね、女房が寝込みました」


5.泰平師匠  「ショックなことがありました」

  唄丸師匠  「何があったの?」

  泰平師匠  「どうも、縁楽師匠のCTスキャンに問題はなかったようなんですが・・・」

  唄丸師匠  「よかったじゃないの」

  泰平師匠  「実際には、黒く写っててよくわからなかったようなんです」


6.貴久翁師匠「ショックなことがありました」

  唄丸師匠 「何があったの?」 
  貴久翁師匠「お医者さんが言ってる意味がよくわからなかったんです」


7.古遊三師匠「ショックなことがありました」

        唄丸師匠 「何があったの?」

        古遊三師匠「バリウム飲んだんですけどね、切れ痔のひとにはあまりお勧めできません」


8.縁楽師匠  「ショックなことがありました」

        唄丸師匠  「何があったの?」

        縁楽師匠  「レントゲンて、骸骨みたいには写らないと思ってたんですが、唄丸師匠は別でしたねぇ」


9.泰平師匠   「ショックなことがありました」

        唄丸師匠   「何があったの?」

        泰平師匠   「家に帰ると、なぜか血圧が上がってるんです」


10.翔太師匠   「ショックなことがありました」

        唄丸師匠 「何があったの?」

        翔太師匠 「精神年齢が若いって医者に言われたんです。これって、どう解釈すればいいんでしょうか」

 

154. 大喜利 お題 「しまっていいかな?」

置いてあるものをしまおうかと思うことがありますよね。みなさんは夫役、わたしが奥さん役。何かをしまっていいかなと言ってください。奥さんのわたしが、「だめ!」って言いますので、続けてください。


1.古遊三師匠「もう手袋しまっていいかな?」
        翔太師匠 「だめ!」
        古遊三師匠「そうだな。指紋が付かないようにしないとな」


2.行楽師匠   「冬の掛布団はもうしまっていいか?」
        翔太師匠   「だめ!」
        行楽師匠   「そうだった。しまうところがないから、敷布団にするんだったな」


3.貴久翁師匠「このカツラしまっていいかな?」
        翔太師匠    「だめ!」
        貴久翁師匠「だって、古くなって、カツラもハゲてきちゃってるよ」


4.泰平師匠   「この雑巾しまっていいかな?」
        翔太師匠   「だめ!」
        泰平師匠   「あれっ、俺の洗面タオルじゃないか!」


5.産平師匠   「洗濯物しまっていい?」
        翔太師匠   「だめ!」
        産平師匠   「なんだ、俺のだけ洗ってない」


6.縁楽師匠   「この鍋敷きしまっていいかな?」
        翔太師匠   「だめ!」
        縁楽師匠   「行楽師匠の色紙か」


7.古遊三師匠「自転車しまっていいかな?」
        翔太師匠    「だめ!」
        古遊三師匠「やっぱり返しに行ったほうがいいか」


8.行楽師匠  「冬物の喪服はしまっていいな」
        翔太師匠  「だめ!」
        行楽師匠  「喪服、それしかなかったな」


9.泰平師匠   「その書類、もうしまっていいよね」
        翔太師匠   「だめ!」
        泰平師匠   「何枚目だよ、離婚届」


10.古遊三師匠「その壇蜜のポスターしまっていいかな?」
         翔太師匠    「だめ!」
         古遊三師匠「もう許してくれよ。成り行きだったんだ」

 

153. 大喜利 お題 「百歳になってひと言」

お元気な高齢者も増えてきています。そこで、みなさんは長生きをして百歳を迎えました。ひと言言ってください。わたしが、「すごいですね」と言いますので、続けてください。


1.産平師匠  「みなさんのおかげで、百歳になってもこうして落語ができます」
        翔太師匠  「すごいですね」
        産平師匠  「ゆっくりしゃべるので、噛まなくなりました」


2.貴久翁師匠「歳とらないねってよく言われます」
        翔太師匠    「すごいですね」
        貴久翁師匠「二百歳にしては若く見えるって」
        翔太師匠    「百歳、百歳」


3.縁楽師匠  「あの時の笑点メンバーで残っているのはわたしだけになりました」
        翔太師匠  「・・・すごいですね」
        縁楽師匠  「もう、司会になって30年を越えましたよ」
        翔太師匠  「ちょっと待って。わたしはどうなったんですか!」
        縁楽師匠  「かわいそうに。早逝してしまって」


4.古遊三師匠「まだまだモテて困りますよ」
        翔太師匠 「すごいですね」
        古遊三師匠「さすがに自転車は持てなくなったけどね」


5.行楽師匠  「おかげさまで、しのぶ亭も33年が経ちました」
        翔太師匠  「すごいですね」
        行楽師匠  「六代目縁楽師匠に木戸番やってもらってますよ」


6.泰平師匠   「今でも全部自分の歯なんですよ」
        翔太師匠   「すごいですね」
        泰平師匠   「でも、食事は流動食ばっかりなんですよ」


7.貴久翁師匠「まだ貴久蔵ラーメンやってますよ」
        翔太師匠 「すごいですね」
        貴久翁師匠「おかげさまで、一人の死者も出さずに」


8.縁楽師匠  「一日5食食べてますよ」
        翔太師匠  「すごいですね」
        縁楽師匠  「食べたの忘れちゃうんですよ」


9.産平師匠  「晩婚でしたけど、金婚式も過ぎました」
        翔太師匠  「はい、次の方」


10.泰平師匠  「先日、墓参りに行って草とりをしてきました」
        翔太師匠   「すごいですね」
        泰平師匠   「荒れ果ててしまっててね。大月のほうだけど」