読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

150. 大喜利 お題 「有名人がタイムスリップ」

おなじみ、タイムスリップもの。有名人が過去へ行きます。みなさんは、誰がどの時代にタイムスリップしたかを言ってください。わたしが、「どうなりました?」と訊きますので、答えてください


1.泰平師匠   「AKB48が元禄時代にタイムスリップしました」
        翔太師匠   「どうなりました?」
        泰平師匠   「ひとり脱落して、AKB47になりました」

 

2.産平師匠   「ビル・ゲイツさんが明治時代にタイムスリップしました」
        翔太師匠   「どうなりました?」
        産平師匠   「新しいそろばんを作って大富豪になりました」

 

3.行楽師匠   「大谷翔平選手が江戸時代にタイムスリップしました」
        翔太師匠   「どうなりました?」
        行楽師匠   「二刀流を極め、名を宮本武蔵とあらためました」

 

4.縁楽師匠   「安倍総理夫人が邪馬台国にタイムスリップしました」
        翔太師匠   「どうなりました?」
        縁楽師匠   「役人を従えて、女王になりました」

 

5.貴久翁師匠「孫正義さんが縄文時代にタイムスリップしました」
  翔太師匠    「どうなりました?」
        貴久翁師匠「犬と話せるようになって帰ってきました」

 

6.泰平師匠   「古遊三師匠が縄文時代の大月にタイムスリップしました」
        翔太師匠   「どうなりました?」
        泰平師匠   「すぐに溶け込んで、今日の大月の基礎をつくりました」

 

7.古遊三師匠「泰平師匠が幕末にタイムスリップしました」
        翔太師匠 「どうなりました?」
        古遊三師匠「有名な秩父の百姓一揆の先頭に立ちましたが、肝心なところで現代に逃げ帰ってきました」

 

8.縁楽師匠  「貴久翁師匠が明治時代にタイムスリップしました」
        翔太師匠  「どうなりました?」
        縁楽師匠  「そのまま歳をとって現在に至ってます」

 

9.行楽師匠  「武豊騎手が戦国時代にタイムスリップしました」
  翔太師匠  「どうなりました?」
        行楽師匠  「戦の勝敗を競馬で決めるように提案しました」

 

10.古遊三師匠「わたしが江戸にタイムスリップしました」
         翔太師匠    「どうなりました?」
         古遊三師匠「歌舞伎でアイドルとなり、浮世絵にその姿を残してます」

 

149. 大喜利 お題 「貴久蔵ラーメンキャッチフレーズ」

おなじみ貴久蔵ラーメン。メンバーのみなさんはいつも悪いことばかり言ってますが、今回は罪滅ぼしの意味を込めて、応援キャッチフレーズをつくってください。それに対して貴久翁師匠にひと言言っていただき、みなさんはさらに続けてください。応援になるかどうか心配ですが、いいキャッチフレーズをお願いします。応援ですからね。


1.行楽師匠  「昔を感じさせる味わいです」
  貴久翁師匠 「うんうん、いいね」
        行楽師匠  「賞味期限をお確かめください」
        貴久翁師匠 「そっちの昔かよ!」


2.泰平師匠     「ほかのものはもう食べられません」
        貴久翁師匠 「それくらい美味い」
        泰平師匠     「お腹の具合が・・・」


3.縁楽師匠    「通販でも大人気」
        貴久翁師匠「すごい売れ行き」
        縁楽師匠    「返品送料はご負担ください」


4.古遊三師匠「孤高のラーメンです」
        貴久翁師匠「そうね。気高い存在」
        古遊三師匠「近寄りがたい」


5.泰平師匠    「保健所認可食品です」
        貴久翁師匠「そんなのないでしょ!」
        泰平師匠    「では、認可を取り消して、保健所黙認食品です」
        貴久翁師匠「あのねぇ」
        翔太師匠 「みなさん、応援ですからね、わかってます?いいやつお願いしますよ」


6.縁楽師匠    「これはいいですよ。貴久翁師匠の血と汗の結晶です」
        貴久翁師匠「そうそう。結晶なの」
        縁楽師匠    「貧血と冷や汗に注意してください」


7.古遊三師匠「二度と味わえないおいしさです」
        貴久翁師匠「どういう意味?」
        古遊三師匠「末期(まつご)のラーメン。最後に食べたくなるという」
        翔太師匠    「ちがう意味じゃないでしょうね」


8.行楽師匠  「自己責任でお召し上がりください」
        翔太師匠  「それ、キャッチフレーズじゃないでしょ」
        行楽師匠  「注意書きか」


9.泰平師匠    「凝り過ぎない単純な味をたいせつにしています」
        貴久翁師匠「そうなんだけどねぇ、『単純な』を、『素朴な』とか『懐かしい』くらいにしてくれない」
        泰平師匠    「かんたんな味をたいせつにしています」
        貴久翁師匠「同じじゃないか!」
        翔太師匠    「では、満を持して産平師匠」


10.産平師匠 「結局、おいしいラーメンでした」
        貴久翁師匠「雨にもマケズ、風にもマケズ」
        産平師匠 「おいしければ、すべて良し」
        翔太師匠    「産平師匠のおとなの名回答が出たところで、大喜利この辺で!貴久蔵ラーメン食べてみてください」

 

148. 大喜利 お題 「こんな教室ができました」

いろいろな専門学校や教室などがあって繁盛しているところもあるようです。そこで、ちょっと風変わりな教室ができましたと言ってください。わたしが、「どうなりました?」と訊きますので、続けてください


1.縁楽師匠  「落語の教室ができました」
        翔太師匠  「どうなりました?」
        縁楽師匠  「100万円寄付するのがイヤで、名誉校長のなり手がありません」

 

2.産平師匠  「家事の効率化を学ぶ教室ができました」
        翔太師匠  「どうなりました?」
        産平師匠  「教室に通って家事がたまってます」

 

3.泰平師匠  「中高年の男性に恋愛術を教える教室ができました」
        翔太師匠  「どうなりました?」
        泰平師匠  「もうおわかりでしょうが、教えてもできない人がいます」

 

4.古遊三師匠「夫の浮気を見破る方法を教える教室ができました」
        翔太師匠 「どうなりました?」
        古遊三師匠「ノウハウを逆手にとって、奥さんたちが浮気してます」

 

5.行楽師匠  「泥棒に入られない方法を教える教室ができました」
        翔太師匠  「どうなりました?」
        行楽師匠  「しっかりした教室です。名誉校長が古遊三師匠ですから」

 

6.貴久翁師匠「犬語の会話教室ができました」
        翔太師匠 「どうなりました?」
        貴久翁師匠「犬が飼い主を選ぶようになったそうです」

 

7.縁楽師匠  「自分でやるリフォームの教室ができました」
        翔太師匠  「どうなりました?」
        縁楽師匠  「新築の家が、あっという間に中古住宅になってます」

 

8.産平師匠  「節約を学ぶ教室ができました」
        翔太師匠  「どうなりました?」
        産平師匠  「授業料の分だけ節約できたそうです」

 

9.古遊三師匠「秩父の秘境を探検する教室ができました」
        翔太師匠 「どうなりました?」
        古遊三師匠「生徒の半分が行方不明です」

 

10.泰平師匠  「大月の食材を使う料理教室ができました」
        翔太師匠   「どうなりました?」
        泰平師匠   「栄養失調の生徒が続出してます」

 

147. 大喜利 お題 「前世」

輪廻転生。命あるものは生まれ変わるという考えですね。そこで、みなさんは、前世は〇〇だったと言ってください。わたしが、「どうしてそう思うんですか?」と訊きますので、答えてください。  (今回はちょっと台本風に)


1.古遊三師匠「前世は、タヌキでした」
  翔太師匠 「どうしてそう思うんですか?」
        古遊三師匠「かーぜもないのに、タンタカタン♪」
        翔太師匠 「最初からこれじゃしょうがないな。座布団取って!」


2.産平師匠   「前世は、オオカミでした」
  翔太師匠   「どうしてそう思うんですか?」
  産平師匠   「すぐ噛んじゃうので」
  翔太師匠   「大噛みね。座布団1枚」
        縁楽師匠   「オオカミ同士」


3.貴久翁師匠「前世は、シャボン玉でした」
        翔太師匠 「シャボン玉に命はないでしょ」
        貴久翁師匠「あるの。屋根まで。や~ねぇ・・・」 
        翔太師匠 「久しぶりの屋根に、座布団差し上げて」


4.泰平師匠   「前世は、泥棒だったと思うんです」
        翔太師匠   「どうしてそう思うんですか?」
        泰平師匠   「夜中にこっそり鍵を開けて家に入ることがよくあるので」
        翔太師匠   「鍵、換えられないように祈ってます」


5.縁楽師匠   「前世は、神主だったと思います」
        翔太師匠   「どうしてそう思うんですか?」
        縁楽師匠   「カミさんを奉ってます」
        翔太師匠   「お祓い箱にならないようにしてください」


6.行楽師匠   「前世は、徳川家康でしょうね」
        翔太師匠   「どうしてそう思うんですか?」
        行楽師匠   「圓生が来るまで待とうホトトギス」
        縁楽師匠   「来ぬのなら来させてみようホトトギス」
        翔太師匠   「一門でやってください」


7.貴久翁師匠「前世は、大坂の剣客だったんですよ」
        翔太師匠 「どうしてそう思うんですか?」
        貴久翁師匠「麺(面)、どう?(胴)、買うて(小手)」
        翔太師匠 「だからラーメン屋さんなんですね。1枚差し上げて」

 


8.縁楽師匠   「前世は、鶴だったと思うんです」
        翔太師匠   「どうしてそう思うんですか?」
        縁楽師匠   「掃き溜めに鶴でしょ」
        翔太師匠   「座布団2枚取って!」
  泰平師匠   「黒鳥が一羽でしょ」


9.泰平師匠   「前世は、縁楽師匠の先祖と仲の良い知り合いだったんです」
        翔太師匠   「どうしてそう思うんですか?」
        泰平師匠   「ラブラブ♡」
        縁楽師匠   「よせよ!」
        泰平師匠   「尻愛だったでしょ」
        翔太師匠   「気持ち悪いから二人の1枚づつ取って!」


10.古遊三師匠「前世は、大農家の主にちがいない」
         翔太師匠    「どうしてそう思うんですか?」
         古遊三師匠「大痔主」
         翔太師匠    「最初も最後も下半身ネタですねぇ。大喜利この辺で!」

 

146. 大喜利 お題 「こんな新入社員はイヤだ」

4月になって1週間が経ちました。新入社員も1週間。そこで、イヤだシリーズ。「こんな新入社員はイヤだ」です。  (このお題は、昨日の放送からお借りしています)

 

 

1.行楽師匠  「上司にパワハラする暴走族上がりの新入社員」


2.産平師匠  「トイレに用足しに行くより、メールしに行くほうが多い新入社員


3.縁楽師匠  「合コンをエサに上司に取り入ろうとする新入社員」


4.古遊三師匠「研修中なのに、もう派閥をつくろうとしている新入社員」


5.泰平師匠  「研修日誌に辞表を書いてくる新入社員」


6.貴久翁師匠「朝礼をお経だと思っている新入社員」


7.産平師匠  「歓迎会を送別会にしてしまう新入社員」


8.縁楽師匠  「会社人が社会人だと思っている新入社員」


9.泰平師匠   「アパートを引き払って、会社に住民票を移す新入社員」


10.古遊三師匠「単位が取れるだけ出社すればいいと思っている新入社員」

 

 

145. 【再掲】 大喜利 お題 「結婚と離婚のちがい」

結婚と離婚のちがいって・・少しは司会者の事情から離れましょうよ。ま、問題いきますよ。結婚とは、〇〇と言ってください。わたしが、「離婚とは?」と訊きますので、答えてください

 

 

1.古遊三師匠「結婚とは、新しい生活がはじまることである」
  翔太師匠 「離婚とは?」
  古遊三師匠「やっぱり新しい生活がはじまることである」
  翔太師匠 「なにそれっ。1枚取って!」

 

 

2.貴久翁師匠「結婚とは、大きな期待に胸をふくらませる」

  翔太師匠    「離婚とは?」
  貴久翁師匠「お腹がふくらまないうちがいい」

 

 

3.行楽師匠  「結婚とは、みなさんからご祝儀をいっぱいもらえる」
  翔太師匠  「離婚とは?」
  行楽師匠  「あげた祝儀はなんだったんだろう」
  翔太師匠  「そうです。そうです。ぼくなんかあげるばっかりで、取り返せないんだから」
  縁楽師匠  「大丈夫だよ。みんなで香典もっていくから」
  翔太師匠  「なに言ってるんですか。皆さんのほうが先に逝くでしょうが。もう、また持ち出しばっかりになっちゃう」

 

 

4.産平師匠   「結婚とは、お互いに気をつかいあうことである」
  翔太師匠   「離婚とは?」
  産平師匠   「気のつかいあいの、ちょっとしたズレからはじまることが多い」
  翔太師匠   「う~ん、そうなんだろうねぇ。はい、座布団持ってきて。大丈夫ですか、みなさん」

 

 

5.古遊三師匠「結婚とは、お金がかかるものである」
  翔太師匠 「離婚とは?」
  古遊三師匠「どちらに原因があるかによって、お金のかかりがちがう」
  翔太師匠 「研究のあとが見えますね」

 

 

6.貴久翁師匠「結婚とは、貴久蔵ラーメンと貴久翁ナポリタンが並び立つようなものである」
        翔太師匠    「離婚とは?」
  貴久翁師匠「共倒れのようなものである」
  翔太師匠 「はい、座布団2枚。ラーメンとナポリタンの分ね」

 

 

7.縁楽師匠  「結婚とは、翔太師匠にもまだ可能性はある」
  翔太師匠  「離婚とは?」
  縁楽師匠  「可能性の可能性だから、ほぼない」
  翔太師匠  「不愉快だから、座布団全部持ってって」

 

 

8.泰平師匠  「結婚とは、適度な距離感が大事である」
  翔太師匠  「離婚とは?」
  泰平師匠  「ほかとの距離感を縮めるとそうなる」
  翔太師匠  「はい、1枚持ってきて。距離感、気をつけてください」

 

 

9.産平師匠  「結婚とは、自然な形でそうなるのがよい」
  翔太師匠  「そうそう。離婚とは?」
  産平師匠  「自然な形にもっていけないと、それもない」
  翔太師匠  「1枚取って!」

 

 

10.縁楽師匠  「結婚とは、唄丸師匠夫妻のようなことを言う」
  翔太師匠   「離婚とは?」
  縁楽師匠   「離婚ではなく、死別である」