笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

280. 大喜利 お題 「幸運と不運のちょっとしたちがい」

運不運はちょっとしたことが分かれ目になったり、そのちがいは実はそう大したことではなかったり、考え方による場合もあるかもしれません。そんな幸運と不運のちょっとしたちがいについて語ってください。 1.産平師匠「電車の発車に滑り込みセーフで間に合…

279. 大喜利 お題 「幽霊がスマホを持ってひと言」

スマホがあたりまえの時代になりました。そんな状況では幽霊もスマホを持っているかもしれません。みなさんは幽霊になって何かひと言言ってください。幽霊仲間のわたしが、「どうしたの?」と訊きますので、続けてください。 (このお題は、8月20日の放送…

278. 【再掲】 大喜利 お題 「以心伝心」

言葉や文字によらなくても気持ちが通じ合うことですよね。携帯電話やパソコンですぐに連絡をとりあう今の時代では、使われなくなっていく言葉のひとつかもしれません。そこで、以心伝心とはこういうことだと語ってください。 1.貴久翁師匠「電話したら、相…

277. 大喜利 お題 「建物を地下に移す」

先日、日本橋の上を走る首都高速道路を地下に移す構想が発表され話題になりました。そこで、さまざまな建物を地下に移してください。わたしが、「どうなりました?」と訊きますので、どうなったかを答えてください。 (このお題は、昨日の放送からお借りして…

276. 大喜利 お題 「老いらくの恋」

人間いくつになってもときめいていたいものです。中でも、恋心は若さをもたらしてくれそうです。わたしはまだ老いらくではありませんが、そのあたりには、老いらくの恋に憧れる方々がいらっしゃいます。みなさんはおじいさん、わたしがおばあさんの翔子にな…

275. 大喜利 お題 「老骨に鞭を打つ」

年をとっても、わが身を励まして努力するという意味で使われる慣用句です。謙遜や自嘲の意味合いが含まれることも多いですよね。そろそろそんな状況になっているメンバーも少なくないですが、老骨に鞭を打っている、あるいは打たれている状況を語ってくださ…

274. 大喜利 お題 「ちょっとそこまで」

昔はよく、あまり深い意味ではない会話というものがありました。どこへ行くのかと訊かれ、具体的に答える必要もないので、「ちょっとそこまで」は代表的なものでしょう。訊く側も、あいさつ程度のご機嫌伺いのような軽い気持ちで言ってます。わたしが、「ど…

273. 【再掲】 大喜利 お題 「ペット自慢」

ペット好きな方は多いですよね。家族のように、はたまた夫よりも大事にしている奥さんも少なくないようです。そこで、みなさんは女性になってペット自慢をしてください。それに対して、相手の女性もペット自慢で返してください。一人二役でお願いします。1…

272. 大喜利 お題 「笑点・新漢字 ~虫偏~ 」

おなじみ新漢字。秋になると虫の鳴き声が聞こえてきます。そこで、虫偏で新しい漢字をつくってください。 (このお題は、昨日の放送からお借りしています) 1.縁楽師匠 『虫』に『本』で、「読書家」・・・または、「秋」 2.貴久翁師匠 『虫』に『赤』で…

271. 大喜利 お題 「二度と行きたくないカラオケボックス」

メンバーのみなさんはあまりカラオケボックスに行くことはなくなったかもしれませんが、カラオケの初期の時代を知っている世代だと思います。そこで、二度と行きたくないシリーズ、カラオケボックス編です。二度と行きたくないカラオケボックスについて語っ…

270. 大喜利 お題 「お見舞い」

お見舞いにもさまざまなお見舞いがあります。そこで、どんなお見舞いをしたのか、されたのかを語ってください。わたしが、「どうでした?」と訊きますので、答えてください。 1.縁楽師匠「入院見舞に行ってきました」 翔太師匠「どうでした?」 縁楽師匠「…

269. 【再掲】 大喜利 お題 「前世」

輪廻転生。命あるものは生まれ変わるという考えですね。そこで、みなさんは、前世は〇〇だったと言ってください。わたしが、「どうしてそう思うんですか?」と訊きますので、答えてください。 1.古遊三師匠「前世は、タヌキでした」 翔太師匠 「どうしてそ…

268. 大喜利 お題 「謝罪天国」

緊急謝罪記者会見など、不祥事をすぐに謝ることが行なわれるようになりました。しかし、あまりにもかんたんに謝っているように見える例もあったりして、とにかく謝っちゃえという風潮もありそうです。また、個人的なことなのに、マスコミが謝罪を迫るおかし…

267. 大喜利 お題 「お祝い」

お祝いにもいろいろな種類がありますよね。みなさんはお祝いをする立場やされる立場になって、なにか言ってください。わたしが、「めでたいですね」と言いますので、さらに続けてください。 1.貴久翁師匠「今年、金婚式だったんですよ」 翔太師匠 「めでた…

266. 大喜利 お題 「亭主元気で留守がいい」

世の中、こういう状況と言いますか、風潮はますます増えているようです。メンバーのみなさんは身をもって感じていることと思いますが、そこで、しょっちゅうそばにいてほしくない状況やものについて語ってください。わたしが、「どいうことですか?」と訊き…

265. 大喜利 お題 「ハラスメント」

ハラスメント。セクハラ、パワハラに代表されますが、モラハラ(モラルハラスメント)など、細かく定義すると多くの種類があるようです。いずれにしても弱い者いじめになる場合が多く、当事者だけでなく、周りの人も注意をはらいたいものです。そこでお題。…

264. 【再掲】 大喜利 お題 「資格をとりました」

世の中、いろいろな資格があります。超難関の国家試験から、比較的とりやすい民間の資格までさまざまです。そこで、みなさんは、「ナニナニの資格をとりました」と言ってください。わたしが、「やりましたね」と言いますので、返してください。検定でもけっ…

263. 大喜利 お題 「年のせい」

「それは年のせいだよ」なんて言ったり言われたりしますよね。まぁ、たいしたことはないだろうけど、それなりに年はとったかなと思う時によく使われる言葉です。みなさんは、親しい人に向かって最近こうなんだよなどと言ってください。わたしが、「年のせい…

262. 大喜利 お題 「人違い」

人違いをされたり、逆に人違いをしたりしたことがみなさんあると思います。勘ちがいや思い違いなど、笑点風に人違いを語ってください。 1.古遊三師匠「ダンナ、そんなむごい人殺しなんかする人間じゃございません。しょうがない。昨日の盗みはわたしがやり…

261. 大喜利 お題 「処分セール」

季節ものや在庫が多くなった場合や、型が古くなった商品など、タイミングでセールが行なわれます。そこで、みなさんはいろんなものを処分するひとになってください。わたしが、「なにを処分してるんですか?」と訊きますので、答えてください。 1.古遊三師…

260. 大喜利 お題 「ことわざ新解釈」

ことわざの文言を変えずに、笑点風に新しい解釈をしていただきたい。まず、有名なことわざを言ってください。わたしが、「どういう意味ですか?」と訊きますので、独自の解釈を語ってください。 1.泰平師匠「一難去ってまた一難」 翔太師匠「どういう意味…

259. 【再掲】 大喜利 お題 「二度と行きたくない居酒屋」

居酒屋は料理の種類も多く、安くておいしいと、外国人のお客さんも増えているようです。でも、中には二度と行きたくないと思う居酒屋もあるかもしれません。そこで、二度と行きたくない居酒屋とはどんな居酒屋かを言ってください (このお題は、過去の放送か…

258. 大喜利 お題 「幽霊の遺言」

最近は遺言状を書く人が増えているそうです。でも、書かない人も多いですし、急死したような場合には書かれていないことが多いと思います。そこで、みなさんは遺言状を残さなかった幽霊になって、遺言を言うために化けて出てきてください。わたしが、「今さ…

257. 大喜利 お題 「こんなスポーツはイヤだ」

おなじみのイヤだシリーズ。今回のテーマはスポーツです。イヤなスポーツつについて語っていただきたい。 1.泰平師匠「家で行なわれる嫁と姑の綱引き」 翔太師匠「家庭内で一番盛んなスポーツかもしれませんね。1枚差し上げて」 2.縁楽師匠「綱引きなら…

256. 【再掲】 大喜利 お題 「幽霊と化け物のちがい」

夏らしいお題です。幽霊についてはみなさんイメージをもっていると思いますが、化け物となるといろいろに解釈するかもしれません。醜い幽霊を化け物とする説もあるようですが、妖怪とどこが違うんだと思う方もいるでしょう。妖怪も化け物として考えていただ…

255. 大喜利 お題 「熱帯夜」

気温がなかなか下がらず、ジトーっとした寝苦しい夜がありますよね。そんな熱帯夜について、なにかビックリするようなことを語ってください。わたしが、「すごいですね」と言いますので、続けてください。 1.貴久翁師匠「暑苦しいから、両手両足にうちわを…

254.【再掲】 大喜利 お題 「1週間の曜日でショートストーリー」

1週間の曜日、日月火水木金土のうち2つを使ってショートストーリーをつくってください (このお題は、過去放送のお題を多少アレンジしてお借りしています) 1.泰平師匠 「火の用心は、拍子木で」 2.貴久翁師匠「お日さまは恒星、月は衛星、その他は惑…

253. 大喜利 お題 「俳句・川柳に下の句をつける ーその2ー」

五・七・五といえば俳句、川柳ですが、それに下の句の七・七をつけると短歌(狂歌)になります。そこで、昔から知られている俳句や川柳に、笑点風に七・七をつけ加えて新しい歌をつくってください。 (このお題は、過去の放送からお借りしています) 1.貴…

252. 大喜利 お題 「鳴門の渦潮」

世界三大潮流と言われる鳴門の渦潮。そこで、みなさんは渦潮にちなんで、手や肩や背中など体の一部を回しながらなにか言ってください。わたしが、「なにしてるの?」と訊きますので、続けてください。 (このお題は、今週の徳島での収録放送からお借りしてい…

251. 大喜利 お題 「〇〇師匠ニ弟子入リシタイデス」

来日する外国人はますます増えているようです。落語家をめざす人も増えるかもしれません。みなさんはそんな外国人になって、誰々に弟子入りしたいですと、笑点メンバーの名前を言ってください。わたしが、「どうしてですか?」と訊きますので、なぜその師匠…