読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

132. 【再掲】 大喜利 お題 「高齢のタクシー運転手」

タクシーの運転手さんには、高齢の方もいらっしゃいます。お元気な方が多いと思いますが、中にはいろんな方がいらっしゃるかもしれません。みなさんは高齢の運転手さんになって、お客さんにひとこと言ってください

 

1.泰平師匠   「お客さん、何か言う時はそこのマイクでお願いします」

2.縁楽師匠   「最近の新しい道はよくわからなくてねぇ。なに、心配いらないです。遠回りして行きますから」

3.古遊三師匠「泰平師匠、着きましたよ。えっ、今日は別宅のほうでしたか」

 

4.翔太師匠    「お客さん、よく寝てましたねぇ。いやぁ、わたしもちょっと連られました」

 

5.泰平師匠    「最近、ガソリンのメーターがよく見えなくてね。いや、大丈夫です。ガス欠で止まっちゃったら、タクシー呼びますから」

6.行楽師匠 「えっ、そこの角を右ですか。う~ん、ちょっと方角が悪いなぁ」

 

7.縁楽師匠 「最近、孫におじいちゃん引退したらってよく言われるんですよ。でもね、わたしは運転中に死ねたら本望なんですよ

 

8.貴久翁師匠「孫が最近面白いこと言うんですよ。走る棺桶って」

 

9.泰平師匠  「前の車を追ってくれって言われてもねぇ。刑事さんですか、それともストーカーさんですか

 

10.翔太師匠 「女房に先立たれましてねぇ。でも、寂しくないんですよ。いつも一緒ですから。お客さんのとなりに座ってますよ」