読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

182. 大喜利 お題 「双六(すごろく)」

だいぶ季節はずれですが、お題は「すごろく」。1回休んだり、戻ったり進んだりで、大いに盛り上がった経験をみなさんお持ちだと思います。そこで、1回休みだよとか、3つ戻れだってなどと言ってください。わたしが、「どうして休みなんですか?」などと訊きますので、その訳を教えてください。


1.産平師匠   「あーぁ、1回休みだって」

  翔太師匠   「どうして休みなんですか?」

  産平師匠   「dボタンで座布団一番少ないひとは、収録1回休みになってる」

  翔太師匠   「みなさん、dボタンお願いしまーす」


2.行楽師匠   「あーっ、二つ戻れだ!」

  翔太師匠   「どうして二つ戻るんですか?」

  行楽師匠   「二ツ目に戻るんじゃないからね」


3.縁楽師匠   「振り出しに戻るのか?」

  翔太師匠   「どうして戻るんですか?」

        縁楽師匠   「いや、豊洲がゴールの双六もあるらしい」


4.古遊三師匠 「おー、いきなりゴールだ!」

  翔太師匠  「どうしてゴールなんですか?」

  古遊三師匠 「壇蜜がうるさくて」

  翔太師匠  「そんな目はないでしょ!」


5.貴久翁師匠 「上がりはちょうどじゃないと戻るんだって」

  翔太師匠  「どうして戻るんですか?」

  貴久翁師匠 「いいじゃないの。上がりは、極楽浄土になってるから」

  翔太師匠  「行きつ戻りつの人生すごろくですね」


6.泰平師匠  「このサイコロ、思う目が出ないな」

  翔太師匠  「どうして出ないんですか」

  泰平師匠  「狸はたいして恩にきてないということか」

  翔太師匠  「テキトーな落語をつくらないでください」


7.縁楽師匠  「動かずか。なかなか進まないなぁ」

  翔太師匠  「どうして動かないんですか?」

  縁楽師匠  「朝鮮半島すごろく」

 

 

8.産平師匠   「三つ進んで京の都、上がりだ!」

  翔太師匠   「どうして三つ進んで京都なんですか?」

  産平師匠   「三つ進んで平安京。読んで字のごとし」

        翔太師匠   「産平さんですよね」


9.古遊三師匠  「あー、また戻るのかー」

  翔太師匠   「どうして戻るんですか?」

  古遊三師匠  「ドジ踏んじゃってよー」


10.縁楽師匠   「よしっ、真金町まで進めるぞ!」

   翔太師匠   「どうして進めるんですか?」

   縁楽師匠   「葬列が進んだんだよ」

   翔太師匠  「それ、すごろくじゃないでしょ」

   縁楽師匠  「もうすぐゴールだよ」

         翔太師匠  「座布団、ぜんぶ撤収! 唄丸師匠取っときましたー」

 

 

 

*一番上のブログタイトルをクリック(タップ)すると、トップページ(最新状態)にアクセスできます