笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

273. 【再掲】 大喜利 お題 「ペット自慢」

ペット好きな方は多いですよね。家族のように、はたまた夫よりも大事にしている奥さんも少なくないようです。そこで、みなさんは女性になってペット自慢をしてください。それに対して、相手の女性もペット自慢で返してください。一人二役でお願いします。


1.貴久翁師匠   

   「うちの犬には、お取り寄せの輸入品のドッグフードをあげてるのよ」

   「あーら、うちの犬のほうが贅沢よ。返品の貴久蔵ラーメン食べてるの」


2.行楽師匠   

   「うちのネコちゃんは、A5ランクのお肉を食べてるのよ」

   「うちは黒毛和牛よ。亭主はその余りを食べてるのよ」


3.縁楽師匠   

    「宅の犬は、人間の言葉がわかるのよ」

    「うちなんか、携帯会社のコマーシャル見て笑ってるわよ」


4.古遊三師匠 

     「夫とけんかしても、うちの犬はなぐさめてくれるのよ」

     「うちの犬は、夫婦げんかは食わないのよ」


5.産平師匠  

     「うちのウサ子ちゃん、とっても大きく育ったのよ」

     「うちなんか、大きくなる前においしくいただいたわよ」


6.泰平師匠    

     「うちのオームはなんでもしゃべるの」

     「あーら、うちのオームなんか、口止めしたことはしゃべらないわよ」


7.貴久翁師匠 

     「うちはシュレッダーがいらないの。ヤギさんが全部食べてくれるの」

     「うちのヤギなんか、再生紙をつくってくれるわ」


8.泰平師匠 

     「わたしハムスター飼ってるんですけど、恋人みたいにかわいいのよ」

     「わたしの知ってる人なんて、ハムスターと結婚してるのよ」

        翔太師匠   「座布団、取って」


9.産平師匠  

      「うちの金魚はめずらしい種類で高価なんですよ]

           「うちの金魚のフンなんか、18金のネックレスなのよ」


10.古遊三師匠

      「うちの猫はルックスがよいので、よく雑誌の取材が入るんですよ」

      「うちなんか、袋とじですのよ」

 

 

 

*コメントは、投稿されても自動的に公開されることはありません

*ブログ全体(トップページ)をご覧になる場合は、上にあるブログタイトルをクリック(タップ)してください