読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

32. 大喜利 お題 「見える化」

物事の本質や問題点などを、わかりやすく形にしたり、数値化することにより、有効活用していこうという意味で、「見える化」という言葉が使われます。そこでみなさんは、ナニナニを見える化しましたと言ってください。わたしが、「すごいね。どうやったんですか?」と訊きますので、答えてください

 

1.縁楽師匠  「隠している行楽師匠のスケジュールを見える化しました」
  翔太師匠  「すごいね。どうやったんですか?」
  縁楽師匠     「税務署に疑われたらしく、仕方なかったようです」

2.行楽師匠  「大喜利の笑いの本質を見える化しました」
  翔太師匠  「すごいね。どうやったんですか?」
  行楽師匠     「座布団の枚数と、司会者のセンスをデータ化しました」
  翔太師匠  「余計なことはしなくていいの!」

3.泰平師匠     「夫婦げんかの原因を統計化してみました」
  翔太師匠     「すごいね。どうやったんですか?」
  泰平師匠     「統計よりも、結局、どちらが勝ったかのほうがわかりやすい」

4.貴久翁師匠  「パソコンから印刷して見える化しました」
        翔太師匠   「・・・それって、ペーパーにしてもらったというだけ?」
        貴久翁師匠  「そうとも言います」

5.古遊三師匠  「暗いトンネルを見える化しました」
        翔太師匠   「すごいね。どうやったんですか?」
        古遊三師匠  「空が見える化しちゃって、脱獄に失敗しました」

6.産平師匠   「お腹の中の子が出てきて、見える化しました」
  翔太師匠      「おめでとう。すごいね。どうやったんですか?」
  産平師匠   「そんなこと、説明できません。それに翔太兄さん、説明してわかります?」 
  翔太師匠      「座布団、ぜんぶ取って!」

7.行楽師匠      「業績を伸ばす方法を方程式にしました」
  翔太師匠   「すごいね。どうやったんですか?」
        行楽師匠      「さぁ、派遣社員とコンピューターがやったんで」

8.縁楽師匠   「過去の企画書のデータバンクをつくりました」
        翔太師匠   「すごいね。どうやったんですか?」
        縁楽師匠      「社内になかったので、取引先からもらってきました」

9.産平師匠      「残業時間と生産性の関係を効率化しました」
  翔太師匠      「すごいね。どうやったんですか?」
        産平師匠   「残業代払わなかったら、生産性が上がりました」
        翔太師匠      「だめでしょ、それっ」

10.泰平師匠   「落語名人の話芸をコンピューター解析しました」
        翔太師匠      「すごいね。どうやったんですか?」
        泰平師匠      「ただ、言葉に詰まったような”間”と、噛んだときのつながらない言い回し部分は、バグになってます」