読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

44. 大喜利 お題 「CATS」

猫は哲学的とか、観察者とか、マイペースとか、いろんな言葉でその性質やイメージが語られます。猫好きな方も多いですね。そこで、みなさんは猫のお面をかぶり、猫になってひと言言ってください。わたしが、「どうしてそう思うの?」と訊きますので、答えてください

 

1.古遊三師匠「猫可愛がりっていうけどさ、ウチは犬のほうが大事みたい」
  翔太師匠 「どうしてそう思うの?」
  古遊三師匠「俺のフードはホームセンターの特売品だけど、犬のほうは低脂肪の輸入品をお取り寄せだぜ」


2.行楽師匠    「近所のタマが最近亡くなったらしい」
  翔太師匠    「どうしてそう思うの?」
  行楽師匠    「ホラー! 隣に霊が・・・」
        貴久翁師匠「ミャオーッ! やらせんな!」


3.産平師匠    「捨てられちゃう仲間がけっこういるらしいんだ」
        翔太師匠 「どうしてそう思うの?」
        産平師匠    「ウチのご主人の泰平師匠が、俺も気を付けようって、
よくひとり言を言ってるよ」


4.泰平師匠 「吾輩は猫であるを書いた小説家は、猫の言葉がわかったのかしら?」
  翔太師匠 「どうしてそう思うの?」
        泰平師匠    「だって、あんな古い猫語なんか難しくてよくわからないし~、絵文字だってないのよー」


5.貴久翁師匠「なにを考えてるかわからないってよく言われる」
  翔太師匠    「どうしてそう思うの?」
        貴久翁師匠「だってそうなんだもん」


6.泰平師匠    「最近、大月にはネズミが少なくなったなぁ」
  翔太師匠 「どうしてそう思うの?」
  泰平師匠    「どうも、食べ物が少なくなって、豊かな秩父へ疎開したらしい」


7.古遊三師匠「泰平師匠から、最近猫の名前がよく出るけど、ほんとに飼ってるのかなぁ」
  翔太師匠 「どうしてそう思うの?」
  古遊三師匠「あれは、キャバクラの女性の名前を隠語にしてるっていうもっぱらの噂だよ」


8.縁楽師匠 「俺たち、芸をしないからって、犬より頭が悪いと思われてるよな」
  翔太師匠 「どうしてそう思うの?」
  縁楽師匠 「ホントはそうじゃなくて、俺たちからすれば、芸をしてるのは人間のほうなんだけどな」


9.産平師匠    「ウチのご先祖は招き猫だったと思うんですよ」
  翔太師匠 「どうしてそう思うの?」
  産平師匠    「今年は大喜利のレギュラーになれたし、子どもも授かったし、招福万来でした」


10.行楽師匠 「最近じゃ、都会の猫は風流がわからなくなってきたね」
   翔太師匠   「どうしてそう思うの?」
         行楽師匠   「こたつも少なくなったし、日向ぼっこできる場所も減ってきたよ」