読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。

104. 大喜利 お題 「笑点なんでも鑑定団」

これくらいの価値だろうと思惑で高値を付けたり、まぁこんなところかなどと、ものの価値についてはそれぞれの考え方がありますよね。そこで、みなさんは、こういうものがありますと言ってください。わたしが鑑定士になって、「たいした値はつきませんね」と言いますので、さらに続けてください
(今回はコント風掛け合いにしてみました)


1.縁楽師匠 「これは唄丸師匠の爪のアカなんですが」
  翔太師匠 「たいした値はつきませんね」
        縁楽師匠 「もうすぐ品切れだよ」
        翔太師匠    「ご自分で飲んだらどうですか」
        縁楽師匠 「ハゲないか」

2.産平師匠    「これは亡き父が禁煙するまで使っていた灰皿です」
        翔太師匠    「たいした値はつきませんね」
        産平師匠    「どうもスイマセーン♪   ゆうべ寝ないで考えたんすから」
        翔太師匠 「身体だけは大事にしてください」
        産平師匠    「こうやったら笑ってください」

3.古遊三師匠「これ、翔太師匠のメガネ。千円くらいですかねぇ」
        翔太師匠 「たいした値は・・・フレームは高いんです」
        古遊三師匠「縁に恵まれない中古のメガネだよ」
        翔太師匠    「縁なしメガネじゃないでしょっ」

4.古遊三師匠「これは独身落語家の家なんですがね、3千万円くらいかな」
        翔太師匠 「それ、わたしの家!そんな安くないでしょ!」
        古遊三師匠「だけど、小さい家だよ。しかも中古。中年男の一人住まい」
        翔太師匠    「世田谷ですよ、世田谷! 美人の幽霊も付いてます」
        貴久翁師匠「それでアシ元を見られちゃうんだ」
        古遊三師匠「殺しはマズイよ」

5.泰平師匠    「古遊三師匠の実家の権利証です」
        翔太師匠    「たいした値はつきませんね」
        泰平師匠    「大月の竪穴ですから」
        古遊三師匠「秩父の実家は、横穴だろ。セメントで固めた」

6.行楽師匠    「しのぶ亭の権利証です」
        翔太師匠 「たいした値はつきませんね」
        行楽師匠    「落語という付加価値が付いてるんです」
        縁楽師匠 「デイサービスに落語が付いてるんだっけ?」  
        行楽師匠    「地域の老人センターじゃないんだから」

7.貴久翁師匠 「わたしのお墓です」
        翔太師匠  「たいした値はつきませんね」
        貴久翁師匠 「入ってませんからね」
        縁楽師匠  「入ったら使用済みになっちゃうよ」

8.縁楽師匠  「過去10年間の笑点カレンダーです。全員のサイン入り」
        翔太師匠  「たいした値はつきませんね」
        縁楽師匠  「来年から一人ずついなくなって価値が上がるよ」
        翔太師匠     「みなさん、順番を数えないの」

9.産平師匠     「お金じゃ買えないわたしの夢です」
        翔太師匠  「お金じゃ買えないものを持ってこないで」
        産平師匠     「名司会の座って言おうとしたんだけどな」
        翔太師匠  「お金じゃ買えない座布団2枚さしあげて」
        縁楽師匠  「その席、お金で買ったんじゃなかったっけ?」

10.泰平師匠  「笑点座布団をクッションにしてみました」
         翔太師匠     「それ、いいじゃない。売れるかも」
         泰平師匠     「非売品だから、いい値が付くんじゃない」
         翔太師匠     「売ったら、非売品じゃなくなっちゃうか」
         縁楽師匠  「座布団10枚出たときの視聴者プレゼントにしたら
                                  どうだ。でも、10枚出ないからな」