読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

39. 大喜利 お題 「お面」

お面や仮面をかぶると、人格が変わったり、周りが見る目も変わると昔から言われてます。そこで、ナニナニをかぶりましたと言ってください。わたしが、「どうなりました?」と訊きますので、返してください

 

1.泰平師匠  「ゴキブリのお面をかぶりました」
  翔太師匠  「どうなりました?」
  泰平師匠     「わたしを見る家内の目は、いつもと変わりませんでした」

2.古遊三師匠  「白雪姫のお面をかぶりました」
        翔太師匠      「どうなりました?」
        古遊三師匠  「なぜか、ダイエットしたくなった」

3.産平師匠      「ミッキーマウスのお面をかぶりました」
        翔太師匠      「どうなりました?」
        産平師匠      「ネコをみると、キャット言ってしまいます」

4.行楽師匠     「節分に、鬼のお面をかぶりました」
        翔太師匠     「どうなりました?」
        行楽師匠     「家内の写真をお面にしたのが悪かったようで、鬼は外のままでした」

5.縁楽師匠     「ツタンカーメンの仮面をかぶりました」
        翔太師匠     「どうなりました?」
        縁楽師匠     「唄丸師匠がかぶれば、そのままミイラです」

6.泰平師匠     「サンタクロースの仮面をかぶりました」
        翔太師匠  「どうなりました?」
        泰平師匠     「なぜか古遊三師匠を思い出し、泥棒のような気分になりました」
        縁楽師匠     「配るんじゃなくて、袋に詰めて帰るんだ」

7.貴久翁師匠  「キティちゃんのお面をかぶりました」
        翔太師匠   「どうなりました?」
        貴久翁師匠  「幼児の頃にもどりました」
        翔太師匠   「それって、ちがう意味なんじゃ?」 

8.古遊三師匠  「福山雅治のお面をかぶりました」
        翔太師匠   「どうなりました?」
        古遊三師匠  「なにも変わりません」

9.泰平師匠      「ドラえもんのお面をかぶりました」
  翔太師匠   「どうなりました?」
        泰平師匠      「ドアを開けても、そこはいつもの家でした」

10.貴久翁師匠  「月光仮面のお面をかぶりました」
         翔太師匠     「どうなりました?」
         貴久翁師匠 「子どもからは、頭にケガしたの?って言われ、お母さんは、メガネをかけたミイラよって言ってました」