読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑点風大喜利寄席

50年を超えた長寿番組「笑点」。中でも大喜利は、メンバーのキャラクター人気もあり、愛されつづけています。そんな大喜利の構成を拝借し、オリジナルの問答をつくっていくパロディブログです。川柳やなぞかけなども掲載しています。

126. 大喜利 お題 「小学校の卒業式」 

卒業式のシーズンです。そこで、みなさんは卒業する小学6年生になって6年間の思い出を語ってください。「楽しかった修学旅行」のように。わたしが、「修学旅行」と最後のフレーズを繰り返しますので、さらに続けてください   (このお題は、今週放送分からお借りしています)



1.産平師匠 「この校舎に詰まっているのは、初恋の思い出」
  翔太師匠 「初恋の思い出」
  産平師匠 「わからない人に言ってほしくない」

 

2.古遊三師匠「楽しかった運動会の借り物競争」
  翔太師匠    「借り物競争」
        古遊三師匠「あれで味をしめたのが運のツキだった」

 

3.泰平師匠  「いつも花形だった子ども歌舞伎」
        翔太師匠  「子ども歌舞伎」
        泰平師匠  「あれからずっと女形なのぉ~」

 

4.行楽師匠  「怖かった理科室」
        翔太師匠  「理科室」
        行楽師匠  「ガイコツの標本に、唄丸師匠と名付けた」

 

5.縁楽師匠  「いつもサボって行っていた保健室」
        翔太師匠  「保健室」
        縁楽師匠  「それで休憩2時間を覚えた」

 

6.泰平師匠  「仲がよかった転校生」
  翔太師匠  「転校生」
        泰平師匠  「その後、大月でグレたらしい」

 

7.古遊三師匠「落語とマラソンが好きな同級生」
        翔太師匠    「同級生」
        古遊三師匠「落語(落伍)しないで走っている」

 

8.縁楽師匠  「いじめっ子をやっつけていたボクは正義の味方」
        翔太師匠  「正義の味方」
        縁楽師匠  「相手から言わせると、ボクがいじめっ子らしい」

 

9.貴久翁師匠「失敗ばかりしていたカンニング」
        翔太師匠 「カンニング」
        貴久翁師匠「いつも答えに困っている」

 

10.古遊三師匠「楽しかった修学旅行のお風呂」
         翔太師匠    「お風呂」
         古遊三師匠「間違ったふりして女湯に入って、こりゃまた先生・・・」